体重測定とダイエットの考え方

皆さんこんにちは。
恵比寿でパーソナルジムをしているBODY IMAGEの髙野広斗です。

今回はダイエット中の「体重測定」についてご説明したいと思います。

 

体重測定するタイミング

皆さん体重計はどれくらいのペースで測っていますか?

毎日方測ってる方もいれば、数日に1回、得に決めてはないが思い付いたら測っているなど様々な方がいらっしゃると思います。

体重測定の頻度に正解はありません。

ですが・・・・「全く測っていない方!」そういった方は、危険信号です!!!!!

なぜならば、体重測定は今の自分が健康的に過ごせているか?不健康的になってしまっているのか?

体重測定=ダイエットバロメーター

体重測定は1番安易に測定出来る【ダイエットのバロメーター】です。

私が考えるダイエットバロメーターとは、どうしても不摂生が続き、太ってしまった方のダイエットを必要とする基準の
ダイエットスタート指標を指します。
※このバロメーターは実際にカウンセリング時などで使用しています。

この体重測定が1ヶ月に1回ですら、先月の体重と比べて増えているのか?減っているのか?
これがわかるだけでもダイエットが必要なのか?不必要なのか?も判断できます。

体重測定を怠っていると気づかぬ内に、5キロ増えた……10キロ増えた……なんて大事になる可能性が非常に高いです。

わたしが過去、カウンセリングを担当させていただいた方のほとんども体重測定を怠っていて、見た目で明らかに太ってしまったために困って来られる方が多いです。

 

肥満度チェック(BMI)測定のしかた

体重測定の重要性はおわかりいただけたでしょうか?

それでは実際に体重測定を行い、数値を下記リンク先の計算表に入力し、ご自身の肥満度チェックを行ってみましょう。
肥満度(BMI)チェックはこちらをクリック⇒計算表

 

測定結果とダイエットバロメーター表について

測定結果はいかがでしたでしょうか?

実際に測定された方は、ご自身の(BMI)数値を参考にダイエットバロメーター表に当てはめてみてください。

BMI 肥満度 ダイエットスタート指標
25〜30未満 肥満度1度 焦らずスタート
30〜35未満 肥満度2度 そろそろスタート
35~40未満 肥満度3度 手遅れになる前にスタート
40以上 肥満度4度 待った無しでスタート

 

ダイエットバロメーターを利用して

皆さん、結果はいかがだったでしょうか?

現在の状況が把握できましたらバッチリです。

今回のダイエットバロメーターを上手く利用し、ダイエットを行ってください。

ダイエット方法は下記リンク先の記事を参考にしてみてください。
ダイエット記事こちらをクリック⇒絶対にリバウンドしないダイエット方法

 

まとめ

今回の記事では体重測定についてご紹介させていただきました。

体重測定はネガティブなイメージを強く持っておられる方が多いですが、肥満防止や現状からの改善などのツールとして考えていただければ、イメージが変わるかと思います。

ダイエットには必ず必要ですので、一家に一台は準備しておきましょう!

BODY IMAGEトレーナーがオススメする体組成計はこちらクリック⇒オススメ体組成計
※体重、体脂肪はもちろんのこと、上記BMIが簡単に測定できます!
また、身体部位別の脂肪量まで確認できる1万円以下のコスパ最強の体組成計です!

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP