絶対にリバウンドしないダイエット方法

皆さんこんにちは。
恵比寿でパーソナルジムをしているBODY IMAGEの髙野広斗と申します。

今回はダイエットで永遠のテーマとなっているであろう「ダイエットリバウンドについて過去の経験や対策方法などを記載します。

 

ダイエットリバウンドとは

ダイエットリバウンドとは主にダイエット中断後、元の状態(体重や体型など)に戻ってしまう状態、またはそれ以上の悪い状態になってしまうこと。

ダイエットリバウンドの主な原因は?

ダイエットリバウンドの主な原因は、お食事や生活リズムが改善前と同じ状態に戻ってしまうことや、ダイエットでの摂生ストレスが爆発してしまい気付かぬ内に過食や偏った食事になってしまうことが主な原因です。

〇〇キロ落とすが目標ダイエットは要注意

現在ダイエットをされている方で、「〇〇キロを落とす!」と気合い満々な方は要注意です…

なぜ注意なのかといいますと、体重をメインに落とすということは本来のダイエット目的(体型改善や健康改善)ではなく、〇〇キロ落とす事に満足感を得てしまいダイエット本来の趣旨を見失ってしまう方が多いからです。

また、体重ばかりが気になり、落ちない体重に対して急激な食事制限や偏った食事になってしまい最悪、体調不良になる方もいます。

これをダイエットと間違って捉えてしまうと、ダイエットが終わった後に、ストレスが爆発してしまい我慢していたブレーキも一気に外れ大量に食べてしまうんですよね…。

そして、一気に外れたブレーキはなかなか元に戻ることはできず、つまり無理をしたダイエットを選んだ人は、始めから高確率でリバウンドになるということですね。

過去のカウンセリングでリバウンドをした方のお悩みを伺うと9割以上が無理なダイエットで継続が出来ず、リバウンドを繰り返しています。

それなら正解は?と思いましたか。答えはあります!

リバウンドをせずダイエットが成功する必勝法

ここからが最重要事項です!これさえ押さえておけばダイエットリバウンドする可能性が格段に下がります。


①ダイエット中は体重ではなく、体型の変化と心得るべし!

ダイエット中は必ず定期的に身体の各箇所のサイズが落ちているかをチェックして下さい。

(二の腕、ウェスト、ヒップ、太もも)体重は徐々に落ちてくるもので、ここを目標にはしないで下さい。

重要なのは見た目の変化、スタイルが良くなっていることが重要ですよ!

※毎朝の体重測定はあくまで、前日の食事の量やバランスを比較するための指標として下さい。


②お食事は偏ったものではなくバランス良く食べた方が継続出来ると心得るべし!

サラダチキンに卵で終わり!なんていっている偏ったお食事ガイダンスはまず間違いなくリバウンド確定です。
(同じような内容でリバウンドしている方を多くみています…)

バランスが悪い食事は一時的にはグッと体重が落ちますが、停滞するまでのスピードも早く、ストレスやホルモンバランスの低下により、体調不良などを不引き起こし、ダイエット継続が不可能となります。

お食事は(主食、主菜、副菜)をバランスよく食べることで、無理なく継続でき、体型を改善可能とします。


③腸内環境改善(腸活)がダイエットには一番大事と心得るべし!

近頃のダイエットはタンパク質重視の食事傾向が高く、腸内環境が崩れ便秘や肌荒れ、女性なら最悪、生理不順などになってしまわれる方もいます。

さきほど述べたとおり、ダイエットは体型改善や健康改善が目的です。

痩せることはもちろんなのですが、その他健康不調になってしまっては意味が無いのです。

全力で良いことをしようとしているのに、悪いことも待ち受けているなんて悲しいですよね…

なので、腸活もダイエットには必須です。

腸内環境が整うことで、食べた栄養素が効率よく吸収されることで血液の循環が良くなり、全身の細胞にしっかりといき届くため、代謝も上がり脂肪燃焼も力も高まります!

血液の循環が良くなり質を上げる腸活は、肌荒れ防止、冷え性防止、ストレス緩和などのも効果があります。

腸活メリットの記事はこちらをクリック⇒ダイエット成功には腸活が大事!?

まとめ

皆さんいかがでしたか?

ご自身で注意点に当てはまっているなと思った方、一度ダイエットを見直してみてください。

お食事の量やバランスは性別や年齢、目的によって違いはありますので、

ちまたで噂になっている方法がご自身にあっているのか?

継続して出来るのか?などを考えてみましょう!

それこそが、リバウンドをせずにスタイルが良くなり続ける貴方の求めている理想のダイエット方法だと思います。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP